入稿データ形式

入稿したデータを正確かつ円滑に出力するよう努めますが、弊社にてOutlinePDFに変換するため、出力した際、極稀に出力結果が異なる場合がございます。 それを避けるためにも、お手数ですが出来る限り下記の処理をされたうえで入稿していただきますようお願いします。 また、弊社以外でOutlinePDFの変換を行った場合の結果に対する責任は負えませんのでよろしくお願いします。

  • OutlinePDF
  • OutlineEPS
  • PJTF(ポータブルジョブ)
  • フィルム
  • 原稿
  • 1BitTIFF

InDesign、Illustrator、Photoshopをお持ちのお客様

フォントエラー防止のため
  • フォントは全てアウトライン化してください。
  • 孤立点は全て削除してください。
リンクされている部品に対してのエラー防止のため
  • リンクされている画像等の部品は全て埋め込みの状態にしてください。
  • リンク部品等は入稿しないでください。
  • RGB画像は全てCMYKに変換しておいてください。
色数について
  • 出力に不要な色は削除していただき、出力に必要な色数と入稿するデータの色数を同じにしておいてください。
ノセについて
  • スミ文字等のノセは基本的にお客様側にてオーバープリント等の処理をしておいてください。
  • 弊社にてスミ文字等をノセにする処理をする場合は事前に連絡してください。
  • 弊社にてノセの処理ができるのはスミ100%の部分とお客様側にてオーバープリント等の処理がされている部分です。
    (注意:平アミ0%のオーバープリントは透明扱いとされるため下にあるオブジェクトの色が出てきます)
  • 弊社にてノセの処理をする場合、部分的にノセの処理をすることができず全体に対して処理されますので万が一、ノセになってはならない部分がお客様側にてオーバープリント等の処理がされていますとその部分もノセになってしまいますのでご注意ください。
ページ面付けについて
  • 弊社ではページ面付けはできかねますのでページ面付けされた状態で入稿してください。
保存形式について
  • フォーマットは ”PDF" 保存してください。
  • 準拠する規格は "PDF/X-1a" 推奨します。
  • "PDF/X-4" も処理は可能ですが透明効果を保持したままのPDF運用を前提としています。
  • そのため "PDF/X-1a" は異なり透明効果の処理方法をRIP側に任せることになります。
  • 処理方法が異なりますので、入稿の際は "PDF/X-1a" か "PDF/X-4" を明確にしておいてください。
再入稿について
  • 万が一、RIP処理中に何らかの原因でエラーが発生し処理が中断された場合、弊社では入稿データを修正するアプリケーションが一切ございませんのでお客様側にて修正後、再入稿という形をとらせていただきますので時間帯によってはやむを得ず納期調整をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

入稿の仕方

  • CTP出力センター(K&エイト)のFTPサーバーへの入稿をお願いしております。
    ※FTPサーバーへの入稿方法は下記を参照してください。
  • その他、メール各種メディアでの入稿も承っております。
  • メール
  • 郵送
  • 引取り(品川区・文京区・港区・千代田区・大田区・目黒区・豊島区・新宿区一部を除く・渋谷区一部を除く)

印刷機の出力情報を確認させていただきます。

SwiftPost へのアクセス簡易マニュアル for Mac, Windows

ページトップへ戻る

校正印刷のご注文はこちら